2017年2月22日 (水)

島野菜カフェ リハロウ ビーチ・白保海岸

「バンナ公園」を出る頃には
ちょうどランチの時間あたり。

ここでも、口コミの良かったお店
「島野菜カフェ リハロウ ビーチ」
で、ランチをしようと決めていました。

Photo
海に面した素敵なカフェです。
一番下の写真の
モデルはEちゃんですhappy01

ハンモックにも寝そべってみましたconfident

石垣島の海沿いに建つ
「島野菜カフェ
Re:Hellow BEACH(リハロウビーチ)」は

気持ちのいいロケーションのなか
美味しい野菜がたっぷりの
ヘルシーごはんが食べられる
人気のカフェです


と、ネットにも書いてありました。

Photo_2
おいしいランチに
海の見えるテラス席。
のんびりした時間と
ハンモック。

海がキラキラ輝いていますshine

いつまでも、のんびりしていたいけど
2時半にはレンタカーを返さなくちゃsweat01

カフェを出て、空港方面へ・・・
その途中で、ちょっと寄り道。

白保海岸Photo_3
ここも駐車場らしきものは見当たらないので
適当に車を止めて海岸へ。
サンゴやヤシの実も転がってたりして
とても良い感じnotes

世界最大規模の
サンゴ礁群があると言われる
「白保海岸」は

透き通った海水と
竜宮城のような美しさを持つサンゴ礁と
魚たちがとっても魅力的。

世界でも稀な
美しい海との呼び名もある「白保海岸」は
空が海に反射して
ウユニ塩湖のような景色を生み出します。

風のない日に突如現れる絶景。

お借りした画像がこちら。
Feabfa3a9c2847d6ae0f4b5dbf8449bc_ll
南米、ボリビアの
「ウユニ塩湖」のように
鏡映しのような景色の時も
あるらしいです。

いつか見てみたいhappy01

そして、名残り惜しいけど
石垣空港へ。

Photo_4
楽しい事は
すぐに終わっちゃうんだなcoldsweats01

いつか、仕事を辞めたら
台風が来て帰れなくなると困るから・・・
なんて事も考えずに

オンシーズンに
しばらく滞在してみたい石垣島でした。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

川平湾・バンナ公園

1月10日(火)
石垣島最終日。

雲はあるものの
良い天気で
少し暑い日になりました。

ホテルを出て
最初に向かったのは川平湾
グラスボートに乗ります。

ここでは
「船の右側と左側と
どっちが景色は良いですか?」

と、聞いてみました。

「どっちも同じです」
と、お決まりのような答え・・・

でも右側と左側・・・って聞いたのが
そもそも間違えだったなthink

Photo

気合を入れて一番に乗り込んだら
ガイドをしてくれるおじさんの真ん前。
「良く聞こえるし良かったぁ~notes
と、思ったのもつかの間。

結局
縦長になってるグラスボートの
真ん中あたりにベストな状態を持ってきて
説明するって事だから

説明してくれるおじさんの真ん前なんて
ハズレだなぁ~・・・
究極、おじさんから遠いほうが
まだ良かったかもしんないsweat02

でもサンゴとか
大きなシャコガイも見られましたhappy01

船を下りてから川平公園の
景色の良いところから眺めます。

Photo_2
素敵な海の色にしばらく見とれて
次に向かったのは
「バンナ公園」

「渡り鳥観測所」chick

Dsc_2541_r

マンガにでも出てきそうな
ユニークな形をしています。
カンムリワシの卵をイメージした
展望台らしいですconfident

「南の島の展望台」eye
Nagura1

画像はお借りしました(↑)

展望台から見た景色。
海はちょっと遠いですcoldsweats01

Dsc_2543_r_2
Dsc_2551_r_2
そして「エメラルドの海を見る展望台」。
Photo_3
帰りの時間が近づいているので
どんどん回ります。

「聖紫花(セイシカ)の橋」
Photo_4
石垣島の市花である
セイシカの花をテーマにした
淡いピンク色が特徴の橋です。

途中の地面に
石垣市の天然記念物指定の蝶
「オオゴマダラ」が描かれていました。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

タイ古式マッサージ・炭火焼肉 やまもと

島めぐりをしている時に
石垣島へ戻ってから夕食までの間に
エステに行こうflair
と、思って

あちこちスマホで調べて
電話をかけたのだけど
定休日だったり
2人いっぺんにできなかったり・・・

やっと、1軒みつかって
石垣港離島ターミナルまで
迎えにも来てくれるとの事notes

迎えに来てくれたのは
トゥクトゥクと言う
三輪タクシーに乗ったお姉さんshine

トゥクトゥクとは
東南アジアから
南アジアにかけて普及している
軽便な交通機関。

Photo
お店は
「タイ古式マッサージ ふくら」さん。

Shop_photo03_2
画像はお借りしました。

しばし癒しの時confident

そして、その後はお楽しみの夕食。
この日の食事は
石垣牛の焼き肉のお店。

口コミでとても評判の良い
「やまもと」さんです。
でも、ちょっと失敗してしまって
予約の時間を間違えてしまったsweat01

30分くらい遅れて行ったのだけど
お店の人のはからいで
20分ほど待って
食べる事ができました。

Photo_2
カクテル?チューハイかな?
を頼んだんですが
ジョッキで出てきましたcoldsweats01

豪快ですgood

写真右下のおにぎり。
とにかく辛かったhappy02

でもお肉は
今まで食べた事がないくらい
とってもおいしかったぁ~delicious

島をドライブしていた時に
結構、牛さんを見かけたんですけど
みなさん、意外と痩せていらっしゃるsweat02

大丈夫かぁ~dash
と、思ったのだけど
とろけるほど柔らかくて
おいしくて良かったぁ~happy01

石垣牛を食べるのに
ステーキにしようか
焼肉にしようか
迷ったんですけど

同じお肉をたらふく食べるより
いろんなタイプのお肉を
食べたほうが良いかな?
と、言う事で焼き肉にしてみました。

おいしいものを
おなかいっぱい食べた二人は

この日もほろ酔いで
今までで一番遠い帰り道を
ホテルまではしゃぎながら帰りました。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

由布島・竹富島

西表島から次の観光地
由布島へ向かうんですが
島の位置関係は、こんな感じ。

Yaeyama_map_2

石垣島から海に沈む夕日を見ようと思ったら
西表島があるから
結構、北へ上らなくちゃダメだったんだなcoldsweats01

由布島へ渡るのは
水牛車か徒歩。

Photo_9
この「由布島入口」
と、言うところから
水牛車に乗って

「水浸しになった陸」
と、言う感じの海を渡ります。

2_4由布島は
島自体が亜熱帯植物園になっていて
島へ渡るには入園料を払わなければいけません。


この真ん中の写真が
島の入口で入園料を払う場所。
Photo_13
水牛をとても大切にしています。

Photo_12
帰りの水牛車では
三線(さんしん)を弾いて
歌を歌ってくれましたnotes

のんびりと、ゆったりと
時間が流れます。

西表島の港から
船に乗って竹富島へ・・・
Dsc_2427_r_2
結構、海が荒れているとの情報。

しかし、私達二人は
なにやら眠くてうつらうつら・・・
Dsc_2428_r_2
二人共、乗り物酔いはしないほうなんですけど
(Eちゃんは、お酒には酔いますが)
ホテルを出る前に
酔い止めの薬を飲んできました。

以前、本島で
ホエールウォッチングをした時は
眠くならない酔い止めを勧められて
なんともなかったんですけど

今回お勧めされたのは
眠くなるタイプだったようで

お互い、睡魔と戦いながら
ここで初めて、その話題に触れ
酔い止めのせいだ
と言う事に気づきました。

みなさんも
酔い止めを買う時は
気をつけましょうねdash

竹富島では
まずは、マイクロバスで島の見学。
貸し自転車に乗っている人や
徒歩で見学をしている人も多いです。

私も、自宅は観光地なので
雪がたくさん降って
道なんかもわからなくなると

スキーのお客さんが庭に立ってたり
横切ったりして
ギョッとしますけど
住民の皆様、お察しいたしますsweat01

星の砂で有名な
皆治浜(かいじはま)。
Photo_14
私の手相を見て
「幸、薄そうだなsweat02
なんて、思わないでねぇ~sweat01

国内でも有数の透明度を誇る
コンドイビーチは
マイクロバスから眺めただけでした。

良い時期に見られたら
こんな感じ。
Kkondoi_3
サイトからお借りしました。

二人共、去年は出雲でしたが
レンタカーで
好きなところを好きなだけ巡っているので
枠にはまった観光はちょっと窮屈でした。

海が荒れているので
グラスボートには乗れないと言う事で
水牛車に乗って島めぐり。
Photo_8
右上の写真。
水牛さんも、角の形がいろいろです。

そして右下の角の写真。
五郎丸のポーズをとった
シーサーだそうです。

そして
「西表島・由布島・竹富島3島周遊コース」
が終了し
石垣島へ戻ってきました。


ブログランキングに参加しています!

クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01

↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

西表島

1月9日(月)
石垣島観光3日目。
この日も天気はイマイチ。
でも、雨は降らない予報coldsweats01

前日に予約してあった
安栄観光さんの
「西表島・由布島・竹富島3島周遊コース」
に出発。

朝、ホテルまで
バスで迎えに来てくれました。

Photo
早めに外に出たので
ホテルの前で記念撮影camera

バスに乗って
石垣港離島ターミナルへbus
Photo_10
具志堅さんのモニュメントとcamera

今回のプランは
石垣港08:30発  ~ 船にて約40分 ~ 大原港着
→ 仲間川ボート乗場 → 仲間川マングローブクルーズ(約65分)
→ 仲間川ボート乗場 ―バスにて約30分
→ 美原 ―干潟を水牛車にて約15分

→ 由布島植物園 見学・昼食(約80分) 干潟を水牛車にて約15分
→ 美原 ―バスにて約30分
→ 大原港発  ~ 船にて約40分

~ 竹富港着―グラスボートにてサンゴ礁遊覧(約25分)
→ マイクロバスにて島内観光(約30分)
→ 竹富港16:15発 ~ 船にて約15分 ~ 石垣港16:30頃到着


と、言うものだったのだけど
海が荒れていたため
グラスボートにてサンゴ礁遊覧ができない
との事で

ここの部分が
水牛に乗って竹富島観光
になりました。

石垣島を出て、まずは西表島へ
バスで移動して
仲間川マングローブクルーズの場所へ。
Photo_9
島がとても平らなようで
川の水は海の満ち引きに左右されていて
私達が行った時間は干潮のため
あまり川の上流までは行けないとの事。

つまり、海の水が川を逆流すると
上の方まで行ける
つー事なんだなconfident

Photo_6
左下の2枚の写真・・・

船に乗って右側に座ろうか左側に座ろうか?
迷うところなんですけど
行きと帰りと逆が見えるから、どっちでも
とかって言いますよね?

でも、行きはゆっくり説明しながら行くんですけど
帰りは流しながら帰ってくる感じなので
「絶対同じじゃないじゃんpout
と、言うのが私の感想です。

私達が座った反対側のほうが
圧倒的に説明されているものが多いので
必然的に人の頭が映っている写真が多くなります。

個人的な感性もあるでしょうが
仲間川のクルーズに行く時は
できれば船の先を前に見て
右側に座るのが良いんじゃないかと思いました。

木がたくさん倒れているけど
数年前に台風で倒れた木。

どうして片付けて綺麗にしないのか?
と、言うと
国立公園なので
人の手を加える事ができないのだそうです。

板状に成長した板根で有名な
「サキシマスオウ」の木。
Photo_7
ちょっとイマイチわかりませんが
ネットからお借りした写真は
P128014597021200_2
こんな感じ・・・不思議な根っこです。

そして、ここでとれるシジミ。
1484027032435_r
いろんな不思議が詰まっている島ですshine

そこから次の由布島へ渡る場所まで
バスで移動します。
「ゆふじま」かと思ったら
「ゆぶじま」なんですねぇ~coldsweats01

Photo_12
私の自宅のあたりだと
鹿や熊なんですけど
「やまねこ」ですflair
素晴らしいnotes

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ユウグレナモール ひとし石敢當店