« 始まりは・・・ | トップページ | 私の時には・・・ »

2010年6月 5日 (土)

胃ガン

2007年5月19日(土)、8時30分予約。
人間ドックを受けた病院からの呼び出しに
夫は一人で出かけた

私は忙しくもなかったが
夫婦が一緒に出かけるというライフスタイルがなかった。

出かける時には夫と夫の母親。
私と夫の母親、もしくは3人で・・・
子供がいても、夫と私の組み合わせは
結婚してから数えるくらいしかなかった

理由は単に、夫の母親がヤキモチ焼きで
二人だけで出かけると帰ってきてからが大変だったから・・・
どうしても二人で出かけたい時は
別々の車で出かけて、現地集合、現地解散
出かける時間も、帰る時間も微妙にずらした。

夫の母親は、自分の夫(つまり夫の父親)を
40代後半で亡くした。
娘が4人いるが、一人が父親がいるところへ嫁ぎ
あとの3人は夫婦だけの生活をしていた。

私が嫁いで10年ほどは、娘達のところへ泊まり歩いていたが
娘のほうも、子供が大きくなると家に呼ばなくなった
なんでも3日一緒にいれば限界だから・・・と言うことらしい。
それじゃあ、私はどうなるのだ

そんな訳で、夫の母親が亡くなってからも
二人きりの生活にはリハビリが必要で
二人で出かけられる・・・と言うことに
気づいていない時が多かった。

この日も、後になったら
ついていってあげれば良かったのに・・・
と、思った記憶がある

午前中に帰ってきた夫は
「ヤバイよ・・・胃ガンみたいだ」
と、言いながらカバンを置いた。

「胃ガン?それでどうなるの?」
「手術するんだけど、病院を考えてくれって言われた。
大きい病院で、ステッピーの実家も近いから
大学病院にしようかと思って・・・」


どうやら、検査の結果、胃ガンになっていた。
胃ガンは、まだ小さくて指の先ほど・・・
とかの説明だったらしい。

場合によっては、内視鏡で胃カメラを飲むようにして
ガンを切除できるらしいのだが
表は小さくても深かったりすると大変なので
きちんと手術でとったほうが良いと言うことらしい。

で、病院を考えるのに
手術をたくさん経験しているところを教えてもらって
その中で、大学病院なら・・・と、診断した。
自宅からは車で高速に乗って1時間ほど。

紹介状を書いてもらって5月24日(木)に行く事になった。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

|

« 始まりは・・・ | トップページ | 私の時には・・・ »

ガン・・・闘病記」カテゴリの記事

コメント

きちんと記録を残していらっしゃるのですね
さすが、と頭が下がる思いです

苦しいでしょうが、2月2日までの記録を
書き続けていただくことを
強く望みます

そしてステッピーさんが
発芽玄米を始め、数々のことをなさった記録を
書いてくださることを…

投稿: FREUDE | 2010年6月 5日 (土) 23時33分

後になって「こうしておけば良かったのに」と思うことは多いですね。
その時には、わからないことだから。

投稿: ひょうすべ | 2010年6月 6日 (日) 07時16分

ステッピーさん復帰していたのですね。
あし@にお名前があったので、慌てて飛んで来ました。

落ち着かれましたか?
お元気にしていらっしゃいますか?
ご主人様が亡くなって寂しいかもしれませんが、1人もいいものですよ。

これからいいことが沢山ありますように。

投稿: まみこ | 2010年6月 6日 (日) 13時44分

ようやく戻ってきたね
おかえりなさい

投稿: きかん棒 | 2010年6月 6日 (日) 18時21分

お帰りなさい
もう大丈夫ですか?
大変だったと思いますが、人生これから!
ステッピーさんには、元気でいてもらいたいです。
再開していたのに、すぐ訪問できなくてごめんなさい
これからもよろしくお願いします

投稿: あらら | 2010年6月 7日 (月) 18時08分

FREUDEさんひょうすべさんまみこさん
きかん棒君あららさん

記録を残していた訳じゃないんですよ
オヤジ(夫)の手帳に書いてあるんです。
でも、その記録を見ると、みんな昨日の事のように覚えてるんですよ
病気に関しては、こうしておけば良かった・・・の連続です
みなさんのブログは更新を休んでいた時も読ませてもらっていました。
ブログの更新をしていない時にみなさんに気を使わせては・・・
と思ってRSSで、足跡をつけないようにブログを訪問してたんです。

投稿: ステッピー | 2010年6月 7日 (月) 20時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃ガン:

« 始まりは・・・ | トップページ | 私の時には・・・ »