« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

鍼治療

夫は、体調が悪いながらも食欲はあるようで
毎日毎日食べる事ばかり言っていた。
私があちこちで探してきたお菓子をおいておくと
暇さえあれば食べていた。

でも、どんなに食べても
体重は53キロくらいにしかなれなくなっていた。
毎日のように「立ちくらみ」「だるさ」「息切れ」をしていたが
会社や地域の行事は休まなかった。

弱音を吐かないと言うのは悲しいもので
他人には解らないから大丈夫だと思われてしまう。

夫の母は、たいしたことがなくても愚痴をこぼしたり
弱音を吐いたり、愚図を言ったりしていたので
気の毒がった周りの人に言葉をかけてもらったり
何かをやってもらったりして人に依存するような人だった。

結局
「そういう人のほうが得なんかい?angry
って思ってしまう。

人の痛みや苦しみや悲しみは
口に出さないと解ってもらえない事が多い。

夫は、そんな中も会社で調査のため外の仕事をしたり
村祭りの人足をしたり
鮎釣り仲間の買い出しに行ったりしていた。

さすがに、村の仕事のあとの飲み会は
参加はしても、飲みも食べもしないで帰ってきて
ウチで私が作った料理を食べていた。

「あんなところで変なつまみで
飲んだり食べたりするよりも
ウチでステッピーの料理を食べるほうが
よっぽどおいしいよsmile


と、笑っていたが、私のほうは
「こんなに身体を壊して・・・
気づくのが30年近くおせーよshock

と、悲しかった。

2009年7月22日(水)に
3回目の点滴の抗ガン剤をして
28日にTS-1の3クール目を終了した。

その日の会社帰りに夫は鍼治療に行った。
夫が最初に胃ガンの手術をした時に
私が病院と自宅の往復をして
病室のイスに座ってばかりいて休まらなくて
背中が凝ってしまって、息も苦しくなってしまった時
インターネットで調べて行った鍼灸院だった。

昔なら、私が「行ってみる?」
と、言っても「いいthink
と言って突っぱねていた夫だったが
とにかく素直に言う事をきいた。

そして帰ってくると
「楽になったなぁ~confident時々行きたいなgood
と、言うから
「時々行けばいいよhappy01
と言って笑った。

この頃の私は
それがどんな効果であってもかまわない
夫の身体が少しでも楽になれば・・・
と、言う事だけで毎日を過ごしていたように思う。
なんだかんだ言っても充実していた。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

調味料

私は料理を工夫し始めると
ますます、それにはまって行った。

もともと、料理は嫌いだった。
どちらかと言うと包丁を持つより
ドライバーやペンチを持つほうが好きだった。

そんな私が、インターネットで調べて食材を買ったり
遠いところまで食材を求めて
買い物に行ったりして
料理を作るようになった。

パンも全粒粉やライ麦のパンを
インターネットで買ったり
遠くまで買いにでかけたりした。

ジャムもきび砂糖で自分で作ったりもした。
何故か「いちご」は使ってはいけない食材だった。

夫が寝てから、病気の事と食べ物の事を
インターネットで調べる事が日課になった。
朝は、いつからかパン食になっていた。

パンには、蜂蜜や、私の作ったジャムをつけていたが
インターネットで信州須藤農園ジャム」と言うのを見つけた。

砂糖を使わず、果実と果汁で作った
自然の甘さの100%フルーツジャム


と言う歌い文句だったので
いろいろな種類のジャムを買って
毎日、とっかえひっかえつけて食べていた。

砂糖の代わりにブドウジュースで
甘みをつけているようだった。

それに、飲み物は豆乳をあたためて
ノンカフェインのインスタント穀物飲料を入れて
ココアのようなカフェオレのようなものを作って飲ませた。

この飲み物「ノーカフェ」と言うのだが
くせがなく飲みやすい麦芽飲料のようなものだった。
原材料は有機大麦、有機麦芽、有機チコリ
有機ライ麦、有機いちじく・・・と書いてあった。


絹豆腐 200g、りんご酢 小さじ1
レモン汁 小さじ1、白練りゴマ 小さじ1
粒マスタード 小さじ1/2
をフードプロセッサーに入れて
なめらかになるまで攪拌してマヨネーズも作った。

本当は味噌も入れるのだが
入れない分、味はイマイチだったけど・・・

最初は、豆乳にレモン汁を加えて固まらせて
それをコーヒーのフィルターでこして
チーズのような、マヨネーズのようなものを作ったのだが
こっちのほうが簡単だった。

ドレッシングも、タマネギやにんじんをすりおろして
エゴマ油かアマニ油とりんご酢を加えて作った。

前回のブログに載せた
トマトケチャップ、ソースもどきに加えて
マヨネーズ、ドレッシング・・・と
調味料が充実してくると料理の幅は広がってきた。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

カレーライスもどき

ケチャップがそれなりにできたので
ソースもどきも作った。

その時のブログはここをクリックしてね。
ソースを作るには
醤油を使わなければならないのに使えないので
こればかりは、本当に野菜や果物のエキス・・・
と言う感じにはなってしまった。

野菜カスとスープを分離させるのに
とっても時間がかかってしまって
ケチャップに比べると大変だった。

こしとって残った野菜カスは
小分けにして冷凍してカレーに入れたり
ハンバーグやコロッケに入れたりした。

カレーも、もちろん普通のものは食べられないので
カレー粉を手作りしてみた。

コリアンダー 大さじ2、クミン 小さじ2、
フェネグリーク 小さじ2、カルダモン 小さじ1
クローヴ 小さじ1、シナモン 小さじ1
ガーリック 小さじ1、ナツメグ 小さじ1
唐辛子 2本、ブラックペッパー 小さじ1(←この2つはNG素材でした)
上の材料をよくまぜたあと軽くふるいにかけてダマをとる。

ターメリック 大さじ1を
油をひかずにじっくりと炒り
黄色のターメリックが次第に橙色になるまで
結構時間がかかるが根気よく混ぜながら炒る。

橙色になったら火からおろし
ターメリック以外のスパイスを加え
フライパンの余熱でしっかりと混ぜれば
オリジナルカレー粉の完成。

カレーの香りだけは一丁前だ。
でも、コショウも唐辛子も入ってないので辛くはない。
熱を冷ましたら容器に移して保存するのだが
一ヶ月くらい寝かせるといいらしい・・・

カレーはじゃがいもとタマネギとにんじん
その他、なすとかも入れて野菜カレーにした。
黄色い色味とコクが足りなかったので
かぼちゃを蒸してつぶして入れた。

ここでも「まんま大豆」の
フィレータイプを使ってみたりした。
ちょうど、カレーのルーにまみれて
言わなければ肉だと思ってしまう。

カレーを作って、夫を会社に迎えに行き
レオパレスのドアを開けると
部屋の中はカレーの匂いが漂っていた。
夫はカレーが大好きだった。

部屋に入ったとたん
「あっ、カレーの匂いがするlovely
隣の家じゃないよね?
ウチだよね?
カレーなん?カレー食べていいん?delicious


と、やたら質問してきた。
「カレーもどきだよcoldsweats01
だから匂いはカレーだけど辛くはないんだよsweat01

と、説明した。

らっきょうも、数日前に生のらっきょうを買ってきて
外側の皮をむいて
りんご酢(玄米酢や黒酢の時もあり)と
きび砂糖で漬けておいた。

夫はスーツから着替えると
6時前からテーブルに座って待っていた。

カレーとらっきょうを持って行くと
「えっ・・・本物じゃんsmile
と、カレーの皿を目の高さまで持ってきて
いろんな角度から眺めていた。

カレーの下は、もちろん発芽玄米ごはんだ。
夫は、スプーンで大事そうにカレーを口に運ぶと
満足そうに
「カレーを食べられる時が来るなんて
思わなかったなぁ~notes

と、ほぼカボチャと野菜の絞りかすとでできている
カレーもどきを一口一口味わいながら食べていた。

「らっきょうだって、食べられるんだhappy01
と、嬉しそうだった。

この頃の夫は
会社でもゲルソン療法の話をしていたらしく
帰ってきてからその事を話してくれた。

同僚が
「食べるものに
そんなに制限があるんじゃ大変ですねsweat02

と、言うらしいのだが

夫は
「女房が工夫して
普段食べるものと変わらないものを作ってくれるんだconfident
だから、何の不自由もないよgood

と、言い返したらしい。

これは、ちょっと驚きだった。
それまでは、何かをやっても当たり前で
褒めてくれる事なんかなかった。

「ステッピーは何をやっても器用だからなgawk
と、言って、あまり認めてくれる事もなかった。
もともと、私は器用といわれるほど器用ではない。
人に見せないところで努力はしているほうだと思う。

でも、その過程を人にみせる事もなく
大変な事があったり苦労したりしても
自分の中にしまい込んでしまって見せないから
人から解ってもらえない事が多いのだ
・・・と、あるところで言われてしまった。

そんな中で、初めて夫に褒められた出来事だった。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

手作りトマトケチャップ

食事を楽しみにしている人がいると言うのは
がぜん頑張ってしまうもののようで
特に私の場合一つのものにはまると
徹底的にする性格のため調味料も作っていた。

例えば・・・トマトケチャップ
これは簡単だった。

トマト750gを洗って上に十文字に切り目を入れて
熱湯に入れ湯剥きをしヘタを取ってざく切りし鍋に入れる。
玉ねぎ中1/2個・ニンニク1かけ・生姜1/2かけも
みじん切りして鍋に入れ
スパイス・ハーブも好みの量入れたら強火にかける。

スパイス・ハーブは、ゲルソン療法では
使ってはいけないものもあって
使うものも最小限にした。

ローリエ1枚を入れ、オールスパイス、ローズマリーを少々・・・
本当はスイートバジルも入れるみたいだけど
確か禁止されていたようだったので
それは使わなかった覚えがある。

コンソメかブイヨンの素を少し入れると
味に深みが出るとあったが、これはもちろんNG。

煮立ってきたら中火にし30分ほど煮込み
量が半分程に煮詰まったところで
きび砂糖50gを加え(ウチはきび砂糖でした)
煮溶かして火を止める。

鍋ごと水につけて冷ましてから
ローリエだけ取り除いてミキサーにかける。

もう一度鍋に戻して塩小匙2.5と
酢大匙2を加えるのだが
もちろん塩は使えないので入れず
酢はりんご酢のアルコールが入ってないものを使った。
そして、とろみがつくまで煮ればできあがりだ。

その時のブログはここをクリックしてね。

それまで、調味料らしいものがなかったので
夫は、いろんなものにケチャップをかけていた。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

もどき料理

7月11日(土)に階段から落下した夫は
2回目の点滴の抗ガン剤をする7月15日(水)に
医師にその旨を伝え
薬を減らしてほしいと訴えた。

医師は、難色を示した。
やめれば命の保証はないと言った。
それでは、続ければあるのか?
と、疑問に思ったthink

医師は、とにかく薬のせいではなく
仕事を続けているせいと
肉や魚を食べない食事のせいだ・・・と
強い口調で言い、薬は辞めないように・・・と念を押した。

食事は、確かにゲルソン療法をしていて
肉や魚は食べていない。
しかも塩分のない食事をしていた。

でも、それは夫だけではなかった。
私も何かの都合で外で食べる以外は
夫と同じものを食べていた。

私のほうは、体重が減る事もなく
かえって、高校時代の天然の友達や
他の知り合いからも

「肌が良くなったんじゃない?」
「前よりも元気そうじゃない?
やっぱり玄米食べて野菜中心の和食のせいかな?」

と、言われたりしていた。

それを実践してきた人の本にもあったが
人間が本来やってきた食生活に戻して
本来の機能を取り戻そうとする事でもある。

身体に毒のあるものを入れている訳でも
薬や健康食品を飲む訳でもない。
栄養的にも、肉や魚を食べないと言っても
代わりのものを全くとっていない訳ではない。

しかも、この頃になると純粋なゲルソン療法の
サイトに書いてあるものではつまらなくなり
普通の料理に似せたものを作る事にはまっていた。

ご飯は、玄米ご飯ではあるが
3日かけて発芽をさせ
匂いはあるが、柔らかさは
ほとんど普通の白米と同様に食べられるようになった。

発芽玄米の作り方は
ここをクリックしてください。

「まんま大豆」と言う
3分茹でるだけで2~3倍に膨らみ
お肉のような食感で食べられる
大豆100%の健康フードも使った。

それと豆腐を合わせて
全粒粉のパンから自分で作ったパン粉も加えて
ハンバーグを作るようになったり

ジャガイモと茹でたタマネギと
「まんま大豆」を合わせて
パン粉をまぶしてオーブンで焼いて
コロッケを作ったり

その衣が良く付かないのを工夫するため
卵の代わりにとろろ芋を使ってみたりもした。
そのとろろ芋を工夫して
ジャガイモのグラタンを作ったりもした。

夫は、食欲がなかったようだったが
食卓に変わったものが並ぶようになると
急に食事が楽しみになったようだった。

「今日は何ができるん?」
と、仕事から帰ってきて
キッチンの横を通りながら
まるで子供のようにニコニコしていた。

食事を食べながら
「何でできてるん?」
「へぇ~・・・良くできてるなぁ~
原料がそんなものとは思えないよhappy01

「見た目、普通じゃん・・・
でも、食べると味はやっぱ普通と違うなcoldsweats01
「もどき料理だなぁ~smile
そんな事を言いながら
食べる事だけが楽しみのようだった。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

無遊病者?

夫は階段から落ちたものの
多分身体に力も入っていなかったのだろう・・・
額と腕を少し擦りむいていただけで
ケガらしいケガもなかった。

夫の身体は骨と皮だけのように思えた。

自分では、何が起こったか解らずに
ベッドに横たわってからも
「俺・・・どうしたんだ?
階段から、落ちたのか?sweat01

と、しきりに言っていた。

「トイレに行ったん?」
と、言う私の問いかけに
「解らないbearing
と、答えた。

そう言えば、階段から落ちたのは
ベッドから歩いて行って間もなく・・・
トイレに寄った気配はなかった。

階段から落ちた夫を
そのままベッドに連れてきたが
その後トイレに行きたい様子はなかった。
もしかして、夢遊病者のようになっていたのか?

これから先、どうなってしまうのか?
なんだか恐ろしい事が
近づいているような気がしてならなかった。

夫のほうは、むくみ、立ちくらみ、下痢
食欲不振・・・そんな身体の症状に加えて
自分で覚えのない行動をした事に
恐怖を覚えていた。

「TS-1を減らすってできないのかなぁ~?weep
インターネットで調べると
ガンの治療は自分の意思であって
薬や治療を拒否している人もいる。

自分の意思で、何が起こっても良いから
「薬を辞めたい」とか
「薬を減らしたい」とか
できるような事は書いてあった。

でも、担当の医師がどうだろうか?
今までも、マニュアル通りのような
治療方針しか提案されていない。

しかも、患者の言う事など
親身になって聞いてくれた事がない。
夫は、いつでも何も言えずに
医師の言う事に従ってきた。

でも、さすがに今回ばかりは夫も
「薬を減らしてもらえるように頼んでみるsign01
と、言った。

1クール目、2クール目は
TS-1を1週間飲んだところで
シスプラチン100ミリリットルを
点滴してきた。

2クール目は下痢と発熱で
TS-1の服用を途中で中止したため
3クール目は点滴を30ミリリットルづつ
3回に分けてする事になっていた。

2009年7月8日(水)の
TS-1服用開始の日に1回目の点滴
その後は7月15日(水)に2回目
7月22日(水)に3回目・・・と
30ミリリットルづつ点滴をした。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

落下

3クール目のTS-1が始まると
翌日から手、足、顔のむくみが始まった。
もともと、顔も細面の夫は
ガンになってから顔もどんどんコケていた。

それが、むくんだせいか、ふっくらして
少し普通になったように見えた。
血圧は、又、上が100を切るようになってしまった。

立ちくらみもするようで
良く座り込んでしまっていた。

2009年7月11日(土)
前日、仕事が終わってから又自宅へ帰った。

この、往復だけでも時間と体力を使うから
無理して帰らなくても・・・と毎回言ってみたけど
結局は帰るの一点張りで・・・

この時も金曜の夜9時頃自宅へ着き
ご飯を食べ、お風呂に入って
寝るのは11時過ぎになっていた。

私のほうは、熟睡するほうで
たいてい、物音くらいでは目が覚めないのだが
ここのところ夫の状態が気になるせいか
少しの気配で目が覚めるようになっていた。

土曜日の朝方5時頃
夫は隣のベッドから起きだした。
トイレに行くらしかった。
私達の部屋は2階でトイレも2階にあった。

部屋から出て3メートルほど行くと
左側にトイレがあり
右側に階段の降り口がある。

トイレに向かったらしい夫の気配を感じながら
ウトウトしていると
もの凄い音がして何かが落ちた・・・

びっくりして飛んで行くと
1階に降りる階段の踊り場に
夫が倒れていた。

あわてて降りて行って抱き起こすと
「俺・・・どうしたんだろ?」
と、半分もうろうとしながら言った。

階段がまっすぐでなくて
途中に踊り場がある回り階段だったのが
不幸中の幸いだった。

とりあえず、ベッドに連れて行って横にならせた。
こんなにも痩せているのに
抱えて連れていくには重いのだ・・・と思った。

私のほうは、やたらと不安にかられていた。
病院から遠い自宅に毎週戻っていて
その時に何かあったらどうしよう・・・と・・・
不安でたまらなかった。

夫のほうは、仕事への責任と
自宅へ帰る事で
長男の責任を果たす事だけを
考えているようだった。

人の気も知らないで・・・と
腹立たしかった。

仕事もほどほどにして
自宅になんか帰らないで
ゆっくり静養してよ・・・
そう怒鳴りたくなっている自分がいた。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

外来化学療法センター

2009年6月29日(月)
10時に病院へ行き採血。
熱は37.5度・・・いくらかは下がったようだった。

腎機能低下、白血球に対する注射をし
胃腸と口内炎の薬をもらってくる。

7月1日(水)
午前中、病院へ行き採血。
ここのところ、熱は37.5度になった。
腎機能は多少改善され、白血球は正常値となった。

この2日間も休暇を半日で押さえ
夫は仕事に行った。

7月7日(火)
熱が37度ちょうどになった。
下痢と口内炎が多少改善してきた。

7月8日(水)
せっかく、症状が改善してきたのに
ここからTS-1の3クール目が始まった。
夫の体重は52キロになっていた。

1日入院しての処方だったが
初めて外来化学療法センターでの処置となった。

この日の白血球は    4,900(基準値4,000~9,600)
      血小板は    24.7万(基準値16万~35万)
      ヘモグロビン  9.7(基準値13.2~17.3)
だった。

夫は
「化学療法を受ける方の気になる症状の記録帳」
と、言うのをもらってきた。

Photo
そこには抗ガン剤の説明・副作用と対策・注意点
治療の流れ・日常生活について
気持ちを楽にするためのポイント
等が細かく書いてあった。

そして、毎日の体調を記録できるようになっていた。
どうして、先にこういうものをくれないのだろう?
と、その時も又、不満だらけだった。

そこには「あなたが使っているくすり」
と言うことで薬も記載されていた。

Photo_2

そこでは、看護師さんだかがとても親切で
いろいろな事をていねいに説明してくれた・・・
と、夫は喜んで、やる気を出していた。

多分、こういう気持ちの持ち方でも
ガンと言う病気は違うのだと思う。
前向きになれる
苦しい治療でも気持ち良く受けられる。

残念ながら、担当の医師と接すると
ストレスばかりがたまってしまう。
治療はどうであれ、後ろ向きになってしまい
不安だけが残ってしまう・・・

そして、この3クール目は
夫にとってはとても苦しいものとなってしまった。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

副作用

夫は血圧の薬をやめて様子をみる事となった。
体調は相変わらずで
下痢と発熱は毎日だった。

38度から38.6度の熱が続いていたが
夫は会社を休まなかった。
それでも、血圧は上が100を超えていた。
血圧だけは安定した様子だった。

この頃から口内炎がひどく
食事をとるのも大変そうだった。
口の中のあらゆるところにできていて
これもTS-1の副作用のようだった。

会社は送り迎えをしていたが
いつ連絡が入るか解らないので
ビクビクしている毎日だった。

2009年6月24日(水)
8時少し過ぎに夫を会社に送って間もなく
夫からメールが来た。

「体調が悪いから病院へ行くかな?」
と言う内容だった。
私のほうは会議が入っていたので
様子によっては、休む連絡をしなければならなかった。

「こっちの会議に連絡しなくちゃならないから・・・
病院行く?」


決定ではない内容のメールに
どうするかをメールしてみたがなかなか返事がなく
いらついて、再度メールした。

「どーすんの?
連絡ないと動けないんだけど?」


私のほうも、いっぱいいっぱいだった。
本来なら、途中では辞められない仕事だが
事情を話せば降りられるかもしれない。

でも、そこまでの事をしたら
夫は、自分の体調に対して
悲観的になりはしないだろうか?

そこでも、葛藤しながら
夫の返事を待った。
仕事に行くなら、もう出掛けないと間に合わない。
そう思った時、夫から病院に行くとメールが入った。

病院へ行き血圧の薬を辞めた事と
高熱と下痢と口内炎の事を医師に伝えた。
医師は「そんな事は普通ですthink
とでも言うような軽い反応だった。

胃腸の薬と、口内炎の薬が出た。
血液検査をすると
腎機能の低下と白血球の低下がみられた。
白血球に対する注射をしてもらった。

病院が、午前中に終わると
夫は午後から会社へ行くと言って
会社で車をおりてしまった。
休暇を半日だけで押さえたいようだった。

それから2日ほどたつと、多少下痢は改善したが
相変わらず熱は38度ほどだった。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

【送料無料】Singleがん患者の幸せ探しの旅

【送料無料】Singleがん患者の幸せ探しの旅
価格:1,470円(税込、送料別)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

かかりつけの医師

2009年6月20日(土)
朝早くレオパレスを出て自宅へ向かいながら
血圧の薬を15年ほど処方してもらっていた
かかりつけの内科へ行った。

胃ガンが発見され手術をした時にも
腹膜播種になった時にも
医師は戸惑いながらも薬を処方した。
そして、この時まで薬を出してきた。

ガンでかかっている病院は
血圧の事に関してはノータッチだったからだ。
夫や私からしてみると、
一つの病院から薬がもらえれば・・・と思ったが
どういう訳か、そういう形だった。

この日も37.8度の熱と下痢と腹痛があった。
医師は話を丁寧にきいてくれた。
でも、ガンに対しては何もできる事はない。
血圧を計ると、相変わらず上が100を切っていた。

6月に入ってから
血圧の上が100を超えた事は
数えるほどしかなかった。

高くても110、低い時は70と言う時もあった。
血圧の下は低い時は36くらいしかなかった。
かかりつけの医師は、話をきいて
血圧の薬はやめてみましょう・・・と言った。

とりあえず、辞めて、様子をみるように
そして、何かあったらガンでかかっている医師に
相談するように・・・と言った。

私は、その医師には相談などはできないのだ・・・と
心の中でひややかに思っていた。
とりあえず、夫は薬が一つ減って喜んでいた。

この時もTS-1は飲んでいた。
6月4日(木)から6月24日(水)までの3週間
TS-1は飲む事になっていた。
6月22日(月)熱は38.2度になった。

インターネットで見たのだが
TS-1はあまりに体調が悪かったり
内臓の数値が悪かったり
高熱が続いたりした場合は
服用を中止したり量を減らしたりする事がある
そう書いてあった。

私に促されて、夫は病院に連絡をした。
体調が悪く、高熱が続いているので
TS-1を中止してもらいたいと言ってみた。

夫もTS-1の服用中と休薬中とでは
体調が凄く違う事は解っていた。
TS-1の副作用でなっている事に
間違いはなかった。

医師は、とりあえず辞めてみましょう
と言ってくれた。
夫は、言われた事を馬鹿正直に守る。
そういう人だった。

私は多分、何だかんだ言っても
勝手に薬を飲まなかったり
減らしたりしている人もいるんじゃないか?
と思ったりもした。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

玄米キャンディー(生姜)50g

玄米キャンディー(生姜)50g
価格:245円(税込、送料別)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »