« 大雪 | トップページ | 正月 »

2011年8月29日 (月)

家業

今更書くのだが家業は民宿だった。
きちんとしたホテルや旅館ではないから
いつでも他人が家の中を行き交っていた。

だいたい年越しには20人から30人の客がいた。
しかも、誰も雇わないで家族だけで回していた。

そして、年末年始は夫の姉妹4人が
家族を連れて泊まりにくる。
自分の家の人数と合わせると
こちらも20人ほど・・・

朝晩50人分ほどの食事を作るのだが
夫の母は娘達が来ると台所は私に任せて
話をしたり早い時間からお酒を飲んだりしていた。

夫はほとんど除雪をしていたが
終わると、夫もそこへ参加した。

娘の中には私を気遣って
手伝おうとしてくれた人もいたが
夫の母が娘はせっかくきて休みたいのに
かわいそうだと言って手伝わせなかった。

私だけがひたすら50人の食事を作っていた。
作るのはまだ良いのだが
洗い物のほうが大変だった。

お腹に子供がいる時などは
もしも、この子を流産したら
離婚して帰ろう・・・
毎回そう思っていた。

それでも子供は強く
授かった3人共生まれてきてくれた。
生まれた時に泣かなくて
丸1日母乳も飲まなくてあきらめかけた長男。

お腹にいる時にドクターストップがかかりながら
休む事に理解を得られず
私が動きすぎて胎盤がおかしくなってしまい
無事に生めないかと思った次男。

普通だったのは真ん中の長女だけだった。

嫁いでからの暮れから正月にかけては
毎年、こんな事が
暮れの30日から正月の三が日続いた。

私は部屋に座る場所もないので
台所で立って食事をする日々だった。

娘は盆も正月も
当たり前のように実家に来るのに
私は盆も正月も
実家へ帰してはもらえなかった。

年に数回実家に帰った時
子供の頃から肥満児のようだった私の
痩せこけた体をみて
母親があまりにもびっくりするので
お風呂に隠れて入るようになった。

盆と正月がなかったら
もう少し太れるのかもしれないな・・・
そんな事を思っていた。

夫の母も亡くなり
ゆっくりできる正月は
たった3回で終わりを迎えてしまうのだろうか?
悲しいとか言うよりも
なんだか、あきれて馬鹿馬鹿しくなっていた。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

国産もちきび35%入りきび入玄米もち

国産もちきび35%入りきび入玄米もち
価格:556円(税込、送料別)

|

« 大雪 | トップページ | 正月 »

過去の出来事」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(o≧д≦)ノ
ヒラママです☆

凄いお話です(ーー;)
大変でしたね。。。
私なら勤まりません。。。

投稿: ヒラママ | 2011年8月30日 (火) 09時31分

ステッピーさんは 本当に 苦労人でしたね ステッピーさんこそ 決して 弱音は 吐かない 耐え忍ぶ 忍耐は 生まれ持った 性格で しょうか そんな 強い ステッピーさんの 旦那さんは きっと ステッピーさと同じように しっかりと 強さを 持った 人だったんですね 私なんか 親にも 甘え 親孝行なんか 数えだって 思い出す 位です 私自身 幼稚園や 保育園と いった 職場で 働き 仕事で 忙しいからと 全て 親任せに 生きて きました そして 父親が 胃ガン 腹膜 播種となり 助けて 挙げる事も 出来ず 終わって しまった 父親を 悔やんで います しかし 父親を 亡くした 今は 人生 長いだけが 幸せぢゃあないな っても 思います

投稿: まーめど | 2011年8月30日 (火) 22時12分

ヒラママさん
私も、実際経験してきてはしても活字になって読み返すと
悔しかったり、悲しかったり・・・
結婚した事自体が間違っていたんじやないか?
そんな思いはずっと消えないでいます。


まーめどさん
夫は、いつも夫の母と私の間に入る事を避けて
逃げてばかりの人でした。
どっちかにつくとすれば母親についてしまう
と言うか、私は我慢するけれど
夫の母はヒステリックになって
我慢する事もできなければ
騒ぎが大きくなるばかりだったので
そうするより他はなかったのだと思いますが
結婚した事に対して後悔ばかりの日々で
気持ちもさめる一方でしたね。
夫の母親が亡くなってから
やっと夫婦として再出発できるかと思ったら
神様はそれすらも残しておしてはくれなかった。
幸せかぁ~・・・あの日々に比べたら
今は幸せなのかもしれないですけど・・・

投稿: ステッピー | 2011年9月14日 (水) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家業:

« 大雪 | トップページ | 正月 »