« 冷たい医師 | トップページ | 腫瘍マーカー »

2011年9月28日 (水)

緩和ケア

検討した二つの病院は
両方とも緩和ケアがある病院だった。

いよいよとなれば不安をかかえ
不信感を抱きながら
不満だらけの医師にかかっているよりは
緩和ケアに入る覚悟をしたほうがいい。

夫は、それでもまだ
生きる事の望みを捨ててはいなかった。

緩和ケアの事をどう思っているのだろうか?
そう心配にもなったが
夫は最後の望みにかけているようだった。

夫が診てもらいたい医師がいる病院へ行った。
娘のアパートへ行きながら
何度か前を通った事がある。

娘が車を塀にぶつけた時
少しのケガだったが
その病院で手当もしてもらった。

パイパス沿いにある
交通の便の良い
普通の総合病院だった。

その病院の他に検討していた
もう一つの病院は
レオパレスから15分ほどのところだった。

とっても近いのだが
昔は隔離病院だったと言う話だった。
助からないガン患者は
最後は、この病院に入るのだど噂する人もいた。

その病院は、山の中腹にあり
樹木が生い茂る薄暗い林の中の一本道を
長い間走ってやっと辿り着くようなところにあった。
大きい病院のはずなのに、すれ違う車もなかった。

病院はそれなりに日当たりも良く
近いと言うのが一番良かったのだが
病院の周りを一回りすると
裏手に他と違う病棟があった。

今は使われているのか解らないような病棟だったが
林の中にひっそりと佇み
古い建物で、昔のドラマとかに出てくる
いかにも隔離病棟と言う感じだった。

晴れた日に行ったから何でもなかったが
夜や天気の悪い日に行ったら
気味悪い・・・
そう思ってしまいそうな雰囲気だった。

その前で看護師さんに車イスを押してもらって
外の空気にあたっている人がいた。

ちよっと見ただけでも
あまり長くは生きられないのかもしれない・・・
そんな雰囲気の患者さんだった。

夫は、そんな様子を見て
「なんだか、ここの病院はイヤだなshock
と、つぶやいた。

「一番の希望の病院に転院できるように
先生に言ってみようよ。
今のままなんて、自分で納得できないでしょう?」

そう言ってみた。

夫は
「そうだな・・・
もう、あの先生にかかっていても
何もしてくれないもんな」
と、決断したような顔つきになった。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

|

« 冷たい医師 | トップページ | 腫瘍マーカー »

ガン・・・闘病記」カテゴリの記事

コメント

旦那さんの 生きたい 強い 気持ち よく わかります 何とか して くれる 助けて くれる そんな 望みを 抱いて いた 気持ち 父親も そうでした 弱って きて でも 何とか 生きたい とにかく 病に 負けない って 気持ちでしたからね 亡くなる時 最後の 最後まで 心臓だけは 強く 強く まるで それらの 気持ちを 表して いましたからsweat02 旦那さんの 気持ち よく わかります でも きっと 弱い 患者を 見て 自分を 想像 したんですよね 自分は 違うってdown そんなに 弱くは なりたく ないってsweat02 私は もし 自分が ガンに なって 治療は 抗がん剤のみしか ないって 言われたら 私は 緩和ケアを 望みます もう つらい つらい 抗がん剤 治療や 弱って いく 自分の 姿と 戦い 続ける 勇気は きっと 持てないで しょうしbearing うちの この辺りは 緩和ケア病院は 随分 順番待ちらしいです しかも 病室数も 少ないですしねsweat02 医学が 進歩した この 世の中 いつか 腹膜 播種に よい 治療が 見つかって 沢山の 人が 確率的に 助かっていく 時代は きっと まだまだ 先で しょうねdown

投稿: まーめど | 2011年9月29日 (木) 20時05分

heartまーめどさん
夫が亡くなってからも腹膜播種について時々調べたりもします。
そういうブログにお邪魔したりもします。
でも、夫の時と同じ・・・あまり変化はないんですね。
私も、夫を見ていて抗ガン剤の怖さを知りました。
でも、他に方法がないのだとしたら
最低限の抗ガン剤をして少しでもガンが小さくなれば
あとは惰性で生きていく事を望むかもしれませんね。
それは夫が自分の体をもって教えてくれた事です。

投稿: ステッピー | 2011年10月10日 (月) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048489/41922634

この記事へのトラックバック一覧です: 緩和ケア:

« 冷たい医師 | トップページ | 腫瘍マーカー »