« 緩和ケア | トップページ | 抗ガン剤を変える・・・ »

2011年10月 3日 (月)

腫瘍マーカー

2010年1月6日(水)
この日は病院の日だった。

朝、出掛ける前に夫に
「先生に転院の話をしないとねconfident
と言うと、夫は
「そうだなcoldsweats01
と返事をして二人で出掛けた。

検査をして医師のもとへ行き説明を聞いた。
腎臓の機能が相当低下しているらしく
血液検査の腫瘍マーカーの値も高い
と言う話だった。

腫瘍マーカーとは・・・
体内に腫瘍ができると
康康なときにはほとんど見られない特殊な物質が
その腫瘍により大量につくられ
血液中に出現してきます。
この物質を「腫瘍マーカー」といいます。

腫瘍マーカーは
がんの発生臓器と強い関連性を持つ特徴があるため
血液中にこの物質が基準以上に出たときは
がんがあることが推測されます。

腫瘍マーカーの検査は
がんのスクリーニング(ふるいわけ)として行われますが
現状ではまだ理想的な検査とはいえず

腫瘍マーカーが陽性だからといって
必ずがんがあるわけではなく
反対に陰性だからといって
完全にがんが否定できるわけではありません。

数値の上昇はがんの進展に比例することが多く
早期では正常のこともあるため
がんの早期発見のためというよりも
主としてがんを診断していくうえのひとつの補助的な検査
あるいは治療していく上での経過観察の検査としての
意味合いが強くなっています。

と、あるのだが、医師は
いくつかの腫瘍マーカーの値が高い
と言う説明をした。

素人の私達はあまり意味がわからなくて
いろいろ質問した。
どこの値が高いのか?
正常なものに比べてどのくらい高いのか?
他の値は大丈夫なのか?

私の中では血液の検査をすれば
全ての腫瘍マーカーの値が
解るのだと思っていたのだが
どうも、そうではないらしかった。

医師の説明によると
必要と思われるものの値だけを調べているようで
他の値を調べるには高額になるので
最低限しか調べない・・・との事だった。

夫の身体の中で
ガンがどんな事になっているのか?
見えないだけに不安だった。

PET検査と言うのもあったと思い
医師に聞いてみたが
そんな事をしても意味はないし
無駄な事だと言うような言い方だった。

医師の対応に対して
私は、またもやイラッときていた。

無駄であってもなんでも
どんな事になっているか
知りたいって言ってるんだから
できるんなら、やればいいじゃないannoy

そう思いながら
転院の話をいつ持ちだそうかと
機会をうかがっていた。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

|

« 緩和ケア | トップページ | 抗ガン剤を変える・・・ »

ガン・・・闘病記」カテゴリの記事

コメント

旦那さんも 腎臓機能が 低下して いたんですねdown うちの 父親も そうでした 確かに お腹は 痩せているので 腹水 あるかは わかりませんでしたが 足の 甲が 靴 はけない位 浮腫んで いました 意識が ほとんど なくなる時には 医者からは 水腎症だの 腎不全だの って 言わない 尿も 全く 出ない 状況でした 知らない 状況だけを 話され それは 亡くなる 3日前でした かなり つらい 症状で 自宅で 我慢していたのかと 思ったら とても 胸が 痛みましたsweat02sweat02sweat02 もはや 全ての 機能が 癌で 循環しない 状況だったんですよねdowndown 亡くなる時は どんな 思いだったのか 今でも いたたまれない 思いです

投稿: まーめど | 2011年10月 4日 (火) 20時05分

先週 主人が亡くなりました。ステッピーさんのご主人と 同じような経過をたどって・・・。こわい病気ですね。54歳でした。お世話になっていた病院は 広いバラ園のある環境でしたが そのまた奥にお庭付きのホテルのスイートのような緩和棟が併設されていました。そちらに入ることもなく 一般病棟で 入院3日目で亡くなりました。亡くなる前日に 本人と私の思いを伝え その通りになりましたから 何かしら操作があったのかと思いますが 満足にお別れができて幸せでした。亡くなる日まで ちゃんと顔を洗い歯磨きをして 自分で着替えまでして 眠いからと横になって その直後でした。また続きをお話しさせてください きょうは途中で失礼します。

投稿: 花子 | 2011年10月 7日 (金) 01時05分

久しぶりにこちらにお邪魔して辛い思いをされたかたのコメントを読みました。54歳はお若い。私の主人は58歳でしたがそれでも若すぎると思いました。一番辛い時ですね。お察しいたします。

投稿: ミッフィー | 2011年10月 9日 (日) 12時18分

heartまーめどさん
良くガン患者はガンでは死なない・・・って言いますよね。
結局は抗ガン剤をすれば、その副作用で正常な細胞も壊され
抗ガン剤をしなければガンによっていろいろな症状や
内臓疾患が起こったりして
そういう事で亡くなってしまうんですよね。
お父様も腎機能に問題が起きてしまったんですね。
夫も痛みこそは訴えませんでしたけど
辛い症状はあちこちにあったと思います。


heart花子さん
ご主人亡くなられたんですね・・・
ご愁傷様です。
でも発覚してから1年以上・・・良く頑張りましたね。
それに最期も文章から想像するだけですが
おだやかな最期だったご様子・・・
せめてもの救いだったのではないでしょうか?
亡くなる当日まで身の回りの事は自分できちんとしていらして
気丈な様子が伺えます。
又、お話聞かせてください。


heartミッフィーさん
辛い思いをしているのは
自分だけではない・・・と
あらためて思っています。
みんな同じように相手を支え
最期を見届け、そして淋しかったり辛かったり
いろいろな事を思い出したりしながら
毎日を過ごしているんですよね。
もっと若くして相手を亡くされている方もいる。
そんな人達が少しでも前向きに生きられますようにshine

投稿: ステッピー | 2011年10月10日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048489/42218679

この記事へのトラックバック一覧です: 腫瘍マーカー:

« 緩和ケア | トップページ | 抗ガン剤を変える・・・ »