« 人間は忘れる動物 | トップページ | 不思議なこと »

2012年8月29日 (水)

願い

夫が亡くなってから
2年半が過ぎた。
いろいろな事は忘れていっても
ふとした時に思い出す事もある。

昔・・・恋人と別れた時
月日が経つにつれて
やっぱり、いろいろな事を忘れて行って

最後には
「あの人は、本当にいたのかしら?」
などど思ってみたりもした。

だんだんと記憶の中で薄れていき
最後には幻のようになって消えていった。
時が過ぎれば好きだった気持ちまでも
幻のようなものでしかなかった。

でも、夫って言うのは別物なんですね。

結婚してしばらくすると
恋愛感情も薄れたりもして
家族ってカテゴリーの中で
子供達と一緒にひとくくりになって・・・

亡くなってしばらくすると
別れてきた昔の彼の時のように
「あの人は、本当にいたのかしら?」
などと思う事もあるのだけど

子供達をみると
「いたんだよねぇ~heart04
って、再確認する。

30年間の二人の歴史と
残してくれた子供達が
夫が生きていた「あかし」となって
いつでも思い出す事ができる。

お子さんのいらっしゃらないご夫婦でも
戸籍をとれば
そこには、ちゃんと載っている。

籍を入れなかった人でも
毎日の積み重ねの歴史は
恋愛の途中で別れたのとは
あきらかに違う。

私の心境を歌ったような歌・・・
JUJUの「願い」

朝焼けがこぼれて 部屋を染めても
夢に彷徨うあなたに会えそうな気がして
目覚めたくない

どんなに想っても どんなに泣いても
戻らないなら 愛さなければよかった?
わからなくて

もしも願いが届くなら
痛いほど ねぇ抱きしめて
まだ あなたのいない日々の中に
答えを探してるの

「ずっとそばにいるよ」そう言ってた目は
不安な気持ちを 見透かすように
優しく守るようで

悲しみに立ちすくんでる
今の私はここにいて
そっと 絶え間なく色褪せない風に
背中を押されたよう

どんな苦しみにも
超えてくための 時間が用意されてるはず
あなたのいない場所で
一歩ずつ歩き出す

もしもあなたに届くなら
真っすぐに届けられたら
もっと 言葉じゃ伝えきれなかった
"ありがとう"を送るよ

もしも願いが届くなら
明日を愛せそうだから
ねぇ いつでもあなたは変わらずに
私の 心のそばにいてね


この2年半は
苦しみを超えていくための時間
夫のいない場所で
少しづつ歩き始めた自分。

夫が残してくれたいろいろな事。
それに支えられながら
夫がいなくなった生活にも
慣れてきた自分。

私にとって結婚生活は
過酷なものだったけれど
夫が今の私に残してくれたものは
かけがえのないものばかり。

私の方こそ言葉にできなかった
「ありがとう」
を送りたい。

そして
「いつでも心のそばにいてねconfident

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

【CD】 JUJU/YOU

【CD】 JUJU/YOU
価格:3,028円(税込、送料別)

|

« 人間は忘れる動物 | トップページ | 不思議なこと »

夫が亡くなってから」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!

わたくし、昨年6月に胃を全摘した、41歳男性です。
今まで、患者本人のブログはたくさん見てきたのですが、介護する妻の立場からのブログは初めてで、すごく勉強になりました。

いろいろ教えて頂きたい事もあり、よろしければ一度メール頂けると幸いです。

ステッピーさんも、無理をせず、お体を大切に、これからの人生を満喫して下さいね!

投稿: KN | 2012年8月29日 (水) 22時23分

悲しくなるくらいいい歌ね。でもこの悲しさは経験者しかわからないわね。

投稿: ミッフィー | 2012年8月29日 (水) 22時37分

heartKNさん
訪問&コメントありがとうございます。
胃を全摘されたんですね・・・
それは、生活の面でも仕事の面でも大変な事と思います。
食事の世話をして下さる方の苦労も並大抵なものではないとお察しします。
他のところのガンと違って食事に支障があるガンは
体力を保つのも容易ではないから
それこそ3歩進んでも4歩も5歩も下がったりする事もありますよね。
私でわかる事がありましたら、又、コメントください。


heartミッフィーさん
そうですね・・・この歌は多分失恋の歌なのかもしれないけど
悲しいくらい亡くなった人の事とダブってしまうんですよねsweat02

投稿: ステッピー | 2012年9月 9日 (日) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048489/46888545

この記事へのトラックバック一覧です: 願い:

« 人間は忘れる動物 | トップページ | 不思議なこと »