« 気持ち悪! | トップページ | 髪の毛トリトリ Easyネット »

2013年11月 6日 (水)

我慢

10月から始まったNHKの
朝の連続テレビ小説
「ごちそうさん」

先週までは天真爛漫な主人公が
いっぱい食べて恋して・・・
その恋がどうなるのかなぁ~
と、楽しみに見ていた。

今週になったら
せっかく思いが通じて
相思相愛になった人の元へ
嫁いだのに

その人の家族にいじめられる
そんな展開になってしまった。

こういうテレビを見ると
自分はまだ幸せだったな
と、思わなくもない。

きっと、昔の人は
こういう思いをたくさんしてきたのに
違いないのだ。

テレビを見ながら
ふと、夫の事を思い出した。

最終的に
「おまえだけが我慢してくれれば
この家は丸くおさまる」

そんな事ばかりを言われてきたが
最初から、そうだった訳じゃない。

夫の姉が
夫の母が畑にいるところにきて
そのまま帰って行った事があった。

夫は、姉から電話がきて
母に取り次ぐ前に
「姉さん、近所の目もあるし
まるで家に寄せないみたいでイヤだから
家に寄ってください

と、言ったようだった。

しばらくして母がものすごい剣幕で
私のところへきて
「○○(←夫の姉)に何を言ったんだい
と、言った。

私は何の事だからわからずに
ぽかん・・・としていると
夫がやってきて
電話のやりとりを母に話した。

私は
「なんだ、夫は姉に対して
良い事を言ったんだ

と、思ってほっとした。

すると、母が私に
「ステッピーが、あの子に謝れ

と、言った。

私は何を言われているのか解らなかった。

「あの子は、ステッピーが言わせたんだろう
って、電話口で泣いて怒っていたから
あの子に謝ってくれ

と、言った。

夫はびっくりして
「どうして謝るんだ。
俺は何も悪い事は言ってないよ。
家に寄るなと言えば悪いかもしれないけど
寄ってくれって言ってどうして悪いんだ

と、言っても母は私に謝れの一点張りだった。

私は、自分の頭の思考回路が
どうかしてしまったのかと思うくらい混乱していた。

夫はいろいろ言っていたが
自分の言っている事が通らない事がわかると
「俺は悪い事を言ったとは思ってないけど
俺が言ったんだから俺が謝ればいいだろう

と、電話をとった。

母は
「あの子は
ステッピーが言わせたんだろう
って言ってるんだから
ステッピーに謝らせなくちゃならないんだ

と、又言う。

夫は、相当抵抗したが
母はどんどんヒステリックになって行くだけだった。

結局、電話を押しつけられ
理不尽な事に
私は姉に謝らされた。

夫は、後で一人で泣いていた。
ここの家は、常識と言うものはないのだ・・・
そう思った出来事だった。

そんなたぐいの事が
何回か繰り返され
夫は、ことある事に

「お前だけが我慢してくれれば
この家は丸くおさまる」

と、言うようになってしまった。

それから、夫に頼りたいとは
思えなくなっていた自分だった。

誰かに頼りたくて
誰かの胸で泣きたくて
誰かに助けてもらいたくて
そんな25年だった気がする。

だから、夫はいなくなってしまったけど
あの頃に比べたら
私は、今のほうがずっと幸せ

ごめんね・・・一緒に幸せになれなくて。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ごちそうさん 上

ごちそうさん 上
価格:1,365円(税込、送料別)

|

« 気持ち悪! | トップページ | 髪の毛トリトリ Easyネット »

過去の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我慢:

« 気持ち悪! | トップページ | 髪の毛トリトリ Easyネット »