« 雪 | トップページ | 北海道ツアー »

2014年2月19日 (水)

ささやかな抵抗

夫との想い出・・・って・・・

冬は毎日、雪が降ってて
仕事に行く前も
仕事から帰ってきてからも
夫が何時間も雪をかいていた事snow

夫のために甘酒やココアを作って
除雪しているところまで
持って行ったっけなconfident

夫の母が無理難題を押しつけて
そのたびに夫とケンカになった事。

夫の姉妹が4組も家族で泊まりにきて
座る間も食事をする間も
寝る間もなくいる私を尻目に
夫がみんなと飲んだくれていて
腹がたった事。

夏になると
そんな姉妹や母親を私に押しつけて
鮎釣りに行っちゃったっけcrying

年に1回だけ
子供達を海水浴に連れていくため
やっと、夫の母から逃れられて
ほっとしていたのも数年

夫の母が海水浴についてくるようになり
子供達のブーイングがひどくて
海水浴をやめた事bearing

どうして良い想い出がないんだろ?
二人きりで、どこかへ行く事も
外食をしに行く事もなく

「いつかは旅行しようなhappy01
そんなニンジンを
鼻先にぶら下げられた馬みたいに
ずっと信じて30年間。

そんな日が来ないと悟ったのは
夫が亡くなる8ヶ月前の事。

「会いたい」の歌のように
今年も海へ行くって
いっぱい 映画も観るって
約束したじゃない
あなた 約束したじゃない

なんでもなく過ぎていく毎日なんて
たいした想い出にもならないんだ。

それでも平和な時間だったら
まだ少しは心に残る事も
あったかもしれない。

結婚してしばらくは
「ねぇ、たまにはどこか行こうよshine
「外へ食べに行きたいよrestaurant
そんな事も言っていたけど

「そんな環境がどこにあるんだよthink
と、言われてあきらめて
いつか、そういう甘えたような事は
言える私じゃなくなっていた。

きっとそんな事の繰り返しで
私の甘える・・・と言う
心の中の生き物は
私の心から逃げ出して行ってしまったのだ。

映画を観に行った事も
二人きりで食事をしに行った事も
旅行に行く事も
夫婦でデートをする事もなく
ただ家の事に追われてきた日々

今、私はどこへでも行ける
そんな自由な日々を送っている。

未亡人の友達のように
夫との楽しい旅行の想い出を
ここに連ねる事も・・・ない。

低い雲を広げた 冬の夜
あなた 夢のように
死んでしまったの


どこも行かなかったからね
苦しくて辛い想い出しかないのだよ。
だから、今は
みんなよりも淋しくないのだよ。

そんな事を思いながら
又、旅支度をしている。

きっと、これからの人生は
こんなふうに今までの仕返しのように
あちこちふらふら行くんだろうな。

あなたがしてくれなかった分
あなたがしてくれなかったけど
私は一人でも、どこへでも行けるんですよ。

もう、時間もないですからね
躊躇している場合じゃないんですよ。

そんな恨み言にも似た気持ちは
二人でどこかへ行きたかったのに
何一つ実現させてはもらえなかった
そんな自分の人生への
ささやかな抵抗なのかもしれない。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

|

« 雪 | トップページ | 北海道ツアー »

思っている事・自分」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048489/55030796

この記事へのトラックバック一覧です: ささやかな抵抗:

« 雪 | トップページ | 北海道ツアー »