« 会社にて | トップページ | 会社の年下女子・・・その2 »

2015年1月28日 (水)

会社の年下女子・・・その1

前回のブログで
会社の事について
少し話したんですけど・・・

時々、違うフロアーの女性が
私の部署にくるたびに
愚痴って行くので

と、書いた部分。

この女性は20代後半
入社して3年目くらいかな?

で、時々嫌なことがあったり
めげたりすると
ラインとかもしてくるんですよ。

で、ちょっぴり気が強い。
男になんか負けない
・・・つー
オーラ全開なんですけど

そこは、私も
人の事は言えない部分もありで
彼女の話を聞いたり
困った時は助けたりしてるんですよ。

彼女が電気屋さんで
Windows8を買った時も
「設定は自分でできますか?」
と、聞かれて

「はい大丈夫ですgood
と、答えてみたものの
メールの設定ができなくて
半べそで私に電話をかけてきた事もある。

とりあえずスカイプは入っていると言うので
画面を共有して
画面を見ながら設定しようと思ったら

Windows8に
もともと入ってるスカイプだと
相手の画面を共有して見られる
設定がないんだなthink

だから
Skype for Windowsデスクトップ
をダウンロードして
画面をみようと思ったのだけど

案外、頑固もので
それは入れないで教えてほしい
などとワガママを言う。

相手の画面を見ないで
そんなにパソコンに詳しくない人の
説明を聞きながら

こちらが理解して
相手に説明して
パソコンを操作させて設定するのは
私も未熟なせいか超難しいbearing

お願いだから言うことをきいてよぉ~crying

と、思いながら
手探り状態で設定して
なんとか設定ができた。

彼女が自分で設定しようと思って
いろんな事をしたせいか
とっても変な事になっていた。

そして、先日のこと。
                  ・・・つづく

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

|

« 会社にて | トップページ | 会社の年下女子・・・その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
闘病記のとこだけですが 年末頃から読ませていただきました
⑩日前に彼を亡くしました
胃ガンからの腹膜播種で…
病状などとても似ていて 参考にさせてもらっていましたdelicioussweat01
どうしても感謝を伝えたくてコメントさせてもらいましたsweat01
本当にありがとうございましたconfidentshine

もう少し落ち着いたら ブログ全部読ませてくださいnote

投稿: りんりん | 2015年1月31日 (土) 00時03分

heartりんりんさん
訪問&コメントありがとうございます。
10日前に彼を亡くしたとの事
お若かった事と思います。
本当にご愁傷様でした。
私も人の闘病記を読んできて
同じような症状になって
同じように感じたり祈ったり
手だてを尽くしたりしながら
同じ道をたどるものなんだ・・・
そう思いながら夫の看病をしてきました。
今はいろんな思いがあって
何をして良いかわからない時もあるかもしれません。
彼のご冥福をお祈りするとともに
りんりんさんが彼の分も頑張って明るく生きられますように
心からお祈りいたします。

投稿: ステッピー | 2015年2月 1日 (日) 22時03分

ステッピーさん
ありがとうございます☆

5ヶ月間…入院してから毎日病院に泊まって ほとんどの時間を彼と過ごして 少しでも安心できるようお世話してきました

彼がいなくなって何して良いか分からない毎日です(;_;)

頭の中は彼との闘病生活の事ばかり思い出してしまいます

早くステッピーさんのように 少しでも前に進めるようにと思いますが…

先の事などまったく想像もつかないですね(-o-;)

彼のお骨を眺めながら、ただ時間だけが過ぎてる感じです

こんなんでは彼も心配してゆっくり休めないですよねdespair

眠れず食べれずで…ダメダメな私ですcoldsweats02

長々とごめんなさい(T_T)

投稿: りんりん | 2015年2月 2日 (月) 13時45分

heartりんりんさん
5ヶ月で旅立ってしまったんですね・・・
早すぎますよねsweat02
私も闘病の時の事は今でも良く思い出します。
食事療法をしていたけど
もう先が長くないなら好きなものを食べさせてあげたい
そう思いながらも、そうする事によって
夫が私に見捨てられたような気持ちになるんじゃないか?
そんな葛藤を毎日のようにしていました。
夫が亡くなってから自宅に帰る時は
毎回車の助手席に夫の遺骨を乗せてシートベルトをしめて・・・
私の夫との想い出は闘病生活がほとんどでしたから
あの時の事は良く思い出しますね。
ブログにも何回も書きましたけど
時が経つ事によって、少しづつ気持ちは変わって行きます。
亡くなった人を忘れる訳ではないのだけど
時には、あの人がいたのが夢だったような気持ちにもなったり・・・
そんな事の繰り返して、少しづつ一人で歩き出すんですよ。
今は、泣いてばかりだって仕方ない事です。
少しづつ立ち上がって歩き出せたら、それで良いんです。

投稿: ステッピー | 2015年2月 5日 (木) 20時42分

ステッピーさん
お返事ありがとうございます☆

まずは長くお休みしてた仕事に復帰しようと思いますshine
少しでも気が紛れるかなって(>_<)

ずっと頑張ろうねって励ましてきたんですが 亡くなる3日前から泣きながら謝るんですbearing二人でたくさん泣きましたweep
治ると信じて弱音も吐かず苦しんでる姿を見て来て、もう「頑張ろう!」とは言えなくて…
ただ大丈夫だよって 抱き締めるしかできなくて…
彼には余命伝えてなかったので 途中から騙してるような罪悪感…
余命を受け止めて諦めてしまってる罪悪感…
最後まで「頑張ろうね」って言えなかった罪悪感…
色々な後悔でいっぱいです
覚悟なんていくら時間があってもできるものではないですね(T_T)

彼にとって何が一番良かったのか…
後戻りできる訳ないのにそんな事ばかり頭をめぐってますdespair

誰にも本音を言えず、みんなの前では元気なふりをして…
ステッピーさんに自分の気持ちを伝える事で、安心できてる自分がいます
本当にありがとうございます☆

明日から仕事復帰です!
彼も応援してくれてると信じて頑張ろうと思います!

投稿: りんりん | 2015年2月 6日 (金) 22時14分

heartりんりんさん
今日から仕事に復帰ですね。
彼も元気なりんりんさんを見守る事の方が嬉しいと思います。
他の未亡人の友達もそうですけど
もっとこうすれば良かった
あの時、違う事を選んだら良かった
・・・そんな後悔をそれぞれ抱えているんですよ。
でも、その時はそれがせいいっぱいだったし
自分でできる限りの事をしてきたのだから
そう思って諦めるしかないんですよね。
こういうブログを書いているとね
「どうして○○してあげなかったんですか?」
「旦那様がかわいそうです」
なんて、心ないコメントを入れてくる人もいるんですよ。
でも、私は、この闘病ブログは
そんな経験もないのに批判ばかりする人のために書いたんじやなくて
同じ経験をしている人の少しでも参考になれば
そして、いつか医療も夫が闘病してきた時代の医療を超えて
ガンが怖い病気でなくなってくれれば・・・
そんな気持ちで書き綴ってきました。
りんりんさん、もし良かったら
ここのメールアドレスにアドレス入れてもらえたら
ウエブ上には公開にならずに私に届きます。
困った事や辛い時があったら、お知らせください。

投稿: ステッピー | 2015年2月 7日 (土) 12時12分

ステッピーさん
ありがとうございます☆

アドレス入れてみました

これで良いのかな?sweat01

昨日から復活してみましたが 色々思い出してムリしてる自分がいました

ムリしてでも笑顔でいれれば その方が良いのかな?って思ったり…

仕事の後はとても無気力と言うか 寂しさ?虚しい感じと言うか…
なんとも言えない気持ちで 家に帰るのもしんどかったです(^_^;)

今日は20日祭だったので お墓参りに行って仕事の報告などして来ましたdelicious
彼の同級生も来てくれて 温かい気持ちになりましたconfident

投稿: りんりん | 2015年2月 8日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048489/58736556

この記事へのトラックバック一覧です: 会社の年下女子・・・その1:

« 会社にて | トップページ | 会社の年下女子・・・その2 »