« 誕生会 | トップページ | 土地と家の事 »

2016年6月26日 (日)

あやめ?しょうぶ?菖蒲?

先日、千葉の佐原に行ってきて
花菖蒲とかを見てきたんですけど
あやめ?しょうぶ?
と疑問に思ったので調べてみました。

「あやめ」・・・を漢字で変換すると
「菖蒲」と、出ます。
でも、これって、「しょうぶ」ですよね?

「しょうぶ」・・・も漢字で変換すると
「菖蒲」って出るんですよ。

どういう事?

そこで、調べてみました。
「しょうぶ」
端午の節句に菖蒲湯に入ったりしますけど
この菖蒲はショウブ科(サトイモ科)に属していて
花自体は咲くけれど綺麗じやないってありました。

Img10133760416_2

これが菖蒲の花なんですってeye
なんだか、「がまの穂」とか
「水芭蕉の花軸」みたいです。

池や沼などの湿地に育ちます。

「花菖蒲」
江戸時代に改良が進んだ
日本独自の園芸植物で
花弁の元にはっきりとした黄色い模様がある。

565721
なるほど・・・確かに。
あっ、画像は楽天市場さんからですconfident

菖蒲の葉っぱには艶も香りもありますが
花菖蒲の葉っぱにはないようです。
でも、こちらも湿地に育ちます。

「あやめ」
「しょうぶ」と同じ漢字を書くけど
葉は細く、花は小さく、背も低く
水気のないところに育ち
花弁のところに網目模様があります。

103501
あと、「かきつばた」ってのもありますね。

「いずれあやめかかきつばた」
って、ことわざがあるように
アヤメとカキツバタは美しく似ており
区別しにくいところから
どちらも優れていて甲乙つけにくいこと

を言うそうなんですけど
206701
花は青色か紫色で
花びらの中心に白い模様があり
こちらも湿地帯を好みます。

「花菖蒲」「あやめ」「かきつばた」
は、「アヤメ科」なんですって。

「アイリス」と言うのも似てますよね。
上に書いた花は日本古来の品種なんですけど
「アイリス」は地中海原産なんですって。

下の写真はジャーマンアイリス。
Img61942646
日本の花に比べると
派手ですねぇ~coldsweats01
フリルの服をまとった女性って感じです。

こちらは、いろんな種類があります。
まるでカクテルみたいですbar

あとは、お花やさんなんかで
良く見かけるこちらの花。
800pxiris_x_hollandica
これは「ダッチアイリス」と言って
スパニッシュ・アイリスに
さまざまな種を掛け合わせて作られた園芸種
だそうです。

これは葉が根元からだけでなく
茎の途中からも出るってありました。

違いがわかる
表も見つけたので
お借りしました。
Photo_2
なんだか、勉強になったぁ~happy01

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

|

« 誕生会 | トップページ | 土地と家の事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048489/66103291

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ?しょうぶ?菖蒲?:

« 誕生会 | トップページ | 土地と家の事 »