« 鍾乳洞・ヤエヤマヤシ | トップページ | 七回目の命日 »

2017年2月 1日 (水)

やいま村・名蔵アンパル

「米原ヤエヤマヤシ群落」を出て
次にむかったのは
「石垣やいま村」

石垣島の名勝
「名蔵湾」を一望する丘にある
石垣やいま村は

豊かな自然を背景に
良き八重山の家並みを再現した
日本最南端のテーマパークです。


と、言う事で
ここでは雨が降ってきました。

アンバル塔に登ったら
風が強くて
傘がおちょこになっちゃったいsweat01

Mapin_2
そこにいた動物達。

Dsc_2240_r_2
Photo_8
リスザルは
飛びついてきたと思ったら
カバンの中を物色。

食べ物を探すらしく
注意ですdanger

鳥は「カンムリワシ」
興奮すると
高等部の羽毛が冠のように立つことから
カンムリワシと呼ばれているようです。

現在カンムリワシは絶滅危惧種ⅠA類
国の特別天然記念物に指定されています。


ここのカンムリワシは
交通事故にあって
保護されているそうです。

でっかい後姿は
水牛の「たろう君」
全然こっちを向きません。

みんなして
「たろうくぅ~ん」
「たろうちゃ~ん」
と呼んでみても、知らん顔dash

「そんなのに毎回応えられるかよpunch
って、感じでしょうか?smile

海人(うみんちゅ)の家では
昔の船や漁具、サメの歯
タイマイやアオウミガメ
ヤシガニの剥製も展示してありました。
Photo_7

ランチと遊びと植物。

Photo_5
左上はランチで食べた
やいま定食。
八重山そばと
ジューシーと言う炊き込みご飯。

そして、楽器を弾いたり
踊ったりする
家あしび(やーあしびー)と言う
家遊びを楽しんできました。

上の段の右から2番目の写真。
これは「名蔵アンパル」。

干潮だったので
木の根っこがゴツゴツ出てました。

やいま村のほうから見るとこんな感じ。
やいま村を出て
外からも眺めてみました。
Photo_10
名蔵川が名蔵湾に流れ込む
名蔵大橋付近は
網張(アンパル)と呼ばれる干潟
およびマングローブ林
原野が広がる地域。

様々な野鳥の飛来地でもあり
2005年にラムサール条約登録地に
2007年に西表石垣国立公園の
特別地域に指定されている。


この橋の上から
しばらくの間
海の方面と川の方面を眺めて

石垣島の綺麗な海で有名な
川平湾に向かいました。

Dsc_2275_r
川平湾は最終日にも寄る予定。
でも、最終日は
午前中に寄る事になっているので
その頃は干潮になってしまう。

なので、天気はイマイチでも
海の水の多い川平湾を
見ておこうじゃないか?
と、言う事で車を走らせました。

良くネットの写真でみかける
そんなままの海に感動shine
天気が多少悪くても素晴らしいnotes

そして、この日は石垣島の「お街」
「ユウグレナモール」
に繰り出すべく
車を置きにホテルに帰りました。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村


|

« 鍾乳洞・ヤエヤマヤシ | トップページ | 七回目の命日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048489/69402882

この記事へのトラックバック一覧です: やいま村・名蔵アンパル:

« 鍾乳洞・ヤエヤマヤシ | トップページ | 七回目の命日 »