« 天国のぶた | トップページ | シロクマ »

2017年6月 7日 (水)

浅間高原しゃくなげ園

5月28日の土曜日に
浅間高原しゃくやく園に行ってきました。

ネットで調べると
とてもわかりにくい場所にある上
ナビに入れる住所みたいなのは
どうやらないようなので

とりあえず現地へ行って
しかるべき場所で地図をもらう
と、言うのが一番良いような事が
書いてありました。

浅間の方面には何回か行った事もあり
途中までの道は心配もなく・・・
の、はずが

途中、対向車が
まるっきりこちらの車線にはみ出している。

カーブも続いていたので
ハンドルを元に戻すだろう
なんて考えていたら
そんな気配もなく

「ぶつかる」
と、思った瞬間
やっと気付いたらしく
危機一髪でしたbearing

「びっくりしたねぇ~dash
と、しばらくはドキドキが止まりません。

で、観光案内所のようなところで地図をもらい
しばらく走ると、あちこちに看板が・・・
なので、そこからは
ほぼ迷う事なく行けました。

道は、狭くて
いろんな小道にも入ります。

浅間山のふもとに広がるシャクナゲ園は
5月~6月にかけて
15万本のシャクナゲの花薗が出現します。

この浅間高原しゃくなげ園は
絶対に不可能と言われたシャクナゲ栽培に
日本ではじめて成功した坂井さんが

苦労の結晶であるシャクナゲの木を
それも末端価格で10~30万円以上もするシャクナゲの木を
惜しげもなく、何万本も寄付し

それに驚いた嬬恋村村民の
ボランティアによる造園でできた
村民公園であり、まさに

嬬恋村のプロジェクトX

と、言う事です。

関東に、これだけ大規模な
しゃくな
げ園がある事自体
貴重らしいです。

中は遊歩道になっています。
それなりに登り坂です。

駐車場からの景色です。

Dsc_3049_r
遊歩道があって整備されてます。
Dsc_3067_r
カラマツの林は
Dsc_3054_r木漏れ日が優しいshine
Dsc_3052_r
私の自宅は杉とか
色の濃い木ばかりなので
カラマツの林は
なんだか上品な優雅な気分になれます。

肝心なシャクナゲは
ちょっと時期が悪かったのかな?

種類によって見頃がずれているので

その時その時で
それなに見頃な花があったり
するらしいんですけど

ちょうど良い花がなかったみたい。
Dsc_3055_r
Dsc_3062_r
Dsc_3074_r

もう少しすると
屋久島シャクナゲが
咲くらしいんですけどねcoldsweats01

(どこかで説明してくれてるおじさんがいました)

しかし浅間山は噴煙をあげてます。
Dsc_3071_r

ここから見ると
こんなに平に見えちゃうのねぇ~sweat01

ウチのあたりから見ると
Photo
こんな山なのに・・・
(画像はお借りしました)

で、少しおりてきてからの
浅間山はこんな感じ。
Dsc_3075_r
ウチから見た浅間山のほうが
カッコいいぞ・・・と思った
ステッピーでした。

ブログランキングに参加しています!
クリックしてくれたら嬉しいなぁ・・・heart01
↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

|

« 天国のぶた | トップページ | シロクマ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1048489/70793161

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間高原しゃくなげ園:

« 天国のぶた | トップページ | シロクマ »